“SDGs”と“企業”をもっと近づける!SGDs MAGAGINE

ワタミグループ全店で環境に配慮したバイオマス素材を利用したレジ袋を導入!

ワタミグループ全店で環境に配慮したバイオマス素材を利用したレジ袋を導入!

#SHOW CASE
  • つくる責任つかう責任
  • 海の豊かさを守ろう

7月1日から遂に日本でもレジ袋が有料化が開始となりました。
まだまだエコバックを持ち歩くのに慣れていない方も多いと思いますが、
これも私達の地球を守るための大きな一歩!
みんなで協力し、環境に配慮していきたいですね。

「から揚げの天才」「鳥メロ」「ミライザカ」などで知られるワタミ株式会社も「美しい地球を美しいままに子どもたちに残していくため」をキーワードに様々な環境保全への取り組みを行っているそうです。

その取り組みの一貫で、植物由来がCO2総量を変えない素材であり、地球温暖化対策に寄与するといわれているバイオマス素材の配合率が25%以上のレジ袋が導入されています。テイクアウトやデリバリーなど、どうしてもビニール袋が必要な場面まだまだあります。そんな場面で、こちらのエコビニール袋が使われます。

7月1日から適用されたレジ袋有料化は、海洋プラスチックごみ問題の一因といわれるプラスチックを用いたレジ袋に対するもの。環境に配慮した素材のレジ袋に関しては適用されていないので、無料でお客様に提供ができるそうです。

ワタミグループは2019年にはSDGs推進本部を設置するなど、外食事業のリーディングカンパニーとして持続可能な循環型社会づくりに貢献するため、積極的にSDGsに取り組み中。

持続可能な循環型社会を実現させるには、
一社一社、一人一人の取り組みが必要不可欠ですね。

==============

・導入時期:2020年7月1日(水)以降順次
・導入店舗:全国のグループ店舗420店 ※外食事業のみ
・概要:植物由来がCO2総量を変えない素材であり、地球温暖化対策に寄与するといわれているバイオマス素材の配合率が25%以上のレジ袋を導入いたします。

<ワタミグループのSDGsに関する取り組みはこちら>
http://o-kun.net/

SDGs MAGAZINE

WRITTEN BYSDGs MAGAZINE

カテゴリーの新着記事

新着記事

Page Top