“SDGs”と“企業”をもっと近づける!SGDs MAGAGINE

アートなヴィーガンランチが楽しめる「TREE by NAKED yoyogi park」から夏季限定ひんやりメニューが新登場!

アートなヴィーガンランチが楽しめる「TREE by NAKED yoyogi park」から夏季限定ひんやりメニューが新登場!

#SHOW CASE
  • つくる責任つかう責任
  • 安全な水とトイレを世界中に

イギリスで発祥した「ヴィーガン」という言葉。最近日本でも頻繁に耳にするようになりましたよね。完全菜食主義という意味を持つ「ヴィーガン」は“健康的な食生活”という視点だけに留まらず、環境保護に繋がるライフスタイルの1つとして考えられています。そして、大量生産・大量消費を繰り返し、地球環境に大きな負荷が掛かっている現代社会にとって、SDGsの視点からも良い影響を与える考え方として注目され始めているのです。

今回は「ヴィーガン」に触れたことがない方や「ヴィーガンってどんな料理?」という方にとっても気軽に楽しく体験できる『アート×ヴィーガン料理』をご紹介します。

プロジェクションマッピングや空間演出など、人々の体験・デザインを手掛ける「ネイキッド」が展開する、代々木公園のアートガストロノミー&カフェ「TREE by NAKED yoyogi park」(ツリーバイネイキッド ヨヨギパーク)は、2017 年に代々木公園でオープン。代々木公園そばの立地から「木に人々が集う」イメージをし、ストーリーに沿った食とアートの融合体験を提供。旬の食材をふんだんに取り入れたメニューをお届し、女性中心に注目されています。そんな人気のアートガストロノミー&カフェで、2021年7月からヴィーガンランチコースと、楽園気分を味わえる夏季限定メニューが開始されました。

フレンチシェフによる”アート”なヴィーガンランチが誕生

ヴィーガンメニューへ完全リニューアルした人気のランチコースは、フレンチシェフによるオールヴィーガンな11 品と、目と舌で味わうアートが体験できるコース。プロジェクションマッピングやインタラクティブで、ネイキッドならではの演出も楽しむことが出来ます。まず、熱帯雨林を彷彿とさせる店舗の地下1階へ降りると、森の中のような非日常的なランチコースの会場が。

さらに、木の根をイメージした円卓に着席すると、プロジェクションマッピングの滝に包まれた空間に料理が運ばれていきます。太陽の木漏れ日が光るような空間で、生春巻きやラタトゥイユ、冷製テリーヌに有機野菜のベジタブルパスタ、大豆ミートなどヴィーガンでない方も満足できるお料理をゆっくり堪能できるのもポイント。そして最後には、空間が孔雀の羽に変化し、触れると花や植物が現れ、生命感を感じるような演出に感動すること間違いなしです。コロナ禍でも、日常の中の“非日常体験”となるようなヴィーガン料理×アート体験を存分に味わってみてください。

楽園気分を感じるひんやりヴィーガンメニュー

光が差し込む吹き抜けの店内の2階にはグリーンを基調とした植栽と、プロジェクションマッピングが融合した楽園のような夏限定演出を展開中で、魅力的な夏限定メニューも揃っています。

1つ目は、昨年夏に大好評だったシーツシークヮーサソーダをアレンジした『パッションフルーツシークヮーサーソーダ』。今年は生のパッションフルーツを加え、食感も楽しいサマードリンクに生まれ変わりました。青い色はアミノ酸をはじめとした栄養値の高さから「スーパーフード」と呼ばれるスピルリナ。あえて酸味強めに仕上げた、暑い季節にすっきりする味わいがたまりません!

2つ目は、ヴィーガンアイスバー。甘く酸味控えめの台湾パイナップルをベースにバナナやココナッツ、MCT オイルを使ったヘルシーながら、フルーツの甘みを存分に楽しめるローカロリースイーツです。

3つ目は、アサイーボウルならぬ、フルーツと自家製グラノーラがたっぷりのヴィーガンボウルが新登場。小松菜、バナナ、パイナップルなど食物繊維が摂れる食材を贅沢にミキサーで混ぜ合わせ、自家製グラノーラとフルーツ、ココナッツをトッピング。自家製グラノーラは、オーガニックオーツ、オレンジピール、オレンジジュース、パンプキンシード、カカオニブ、クランベリーと、フルーティーな味わいが特徴。暑い日が続いて食欲が落ちがちな真夏でも、食事代わりにもなるTREE特製のフルーツ&グラノーラボウルで夏バテ防止にもぴったりですね。

今までの食生活から突然、お肉や魚を食べない!という選択はもちろん難しいと思います。SDGsの目標6「安全な水とトイレを世界中に」ターゲット6「水に関わるすべての生態系を保護し、回復させよう」や、目標12「つくる責任つかう責任」ターゲット3「一人あたりの食品廃棄を半分に減らそう」にも掲げている課題にも通じるヴィーガンな生き方。まずは自身の食生活を見直す意識を持つことで、食肉生活が及ぼすとされる「畜産業による水質汚染問題」や「生鮮食品の食品ロス問題」などの現状の環境問題を把握するきっかけになるかもしれません。

未来の地球のために、週に何日か「ヴィーガンな生き方」を取り入れてみるなど、現状の環境問題に向き合った食生活を、楽しくトライアルしてみてはいかがでしょうか。

TREE by NAKED yoyogi park

カテゴリーの新着記事

新着記事

Page Top