“SDGs”と“企業”をもっと近づける!SGDs MAGAGINE

マイボトルの持ち込みもできる、ビリー・アイリッシュのエコフレンドリーなワールドツアーとは?

マイボトルの持ち込みもできる、ビリー・アイリッシュのエコフレンドリーなワールドツアーとは?

#TREND
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 海の豊かさを守ろう
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう

画像出典: Billie Eilish  Instagram @billieeilish


史上最年少、そして女性初となるグラミー賞主要4部門を獲得したビリー・アイリッシュ。実はそんな彼女が、「環境問題」に対しても精力的に取り組んでいることをご存知ですか?

現在は新型コロナウイルスの影響で一時延期していますが、自身のワールドツアーである「WHERE DO WE GO? WORLD TOUR」を可能な限り環境に配慮したものにすると発表しました。

今回のライブでは、コンサート会場で使用するストローもリサイクル素材を採用。会場内にもリサイクルボックスを設置することで、無駄なゴミゼロ化を進めています。
また、普段のコンサートでは持ち込む事ができない水筒もあえて許可するなど、エコフレンドリーなイベントとなっている模様。


さらに彼女は、今回のワールドツアー内で「Billie Eilish Eco-Village」というブースを各会場に設置することも発表しています。このブースでは、「気候変動」や「環境問題」といった問題に対して自ら行動を起こす重要性を学ぶ事ができるそうです。

若年層に熱狂的なファンを持つアーティストが率先して活動を進めることで、若い世代が環境問題を考える“きっかけ”になりそうですね。


環境問題に個人で取り組むだけでなく、ファンを巻き込んでムーブメントにしているビリー・アイリッシュ。彼女のように規模は大きくなくとも、周りの人を巻き込んで活動していくことも、SDGsを達成するために重要なことかもしれませんね。

SDGs MAGAZINE

WRITTEN BYSDGs MAGAZINE

カテゴリーの新着記事

新着記事

Page Top