“SDGs”と“企業”をもっと近づける!SGDs MAGAGINE

「オランウータン保護と植林活動」ホロニクスグループが取り組むSDGs

「オランウータン保護と植林活動」ホロニクスグループが取り組むSDGs

#EVENTS & SEMINARS

マレーシアボルネオ島での希少動物保護を目的とした環境保全活動についての今とこれからの展開についてお伝えするプログラムです。ハイヒール・リンゴさんによる進行に京都大学霊長類研究所所長の湯本先生の解説を加え、現地をよく知る出演陣と楽しく環境保全について考えることができます。

小学生から、参加できるプログラムとなっており親子での参加も可能です。

出演者紹介

湯本 貴和 教授

  • 京都大学 霊長類研究所 所長
  • 社会生態研究部門 生態保全分野 教授
  • 日本生態学会 会長

世界各地で動物と植物の相互関係を研究する。総合地球環境学研究所に9年在籍し多様性領域プロジェクト「日本列島における人間-自然相互関係の歴史的・文化的検討」で日本列島の半自然草原や里山を含む自然の成り立ちを共同研究の後、2012年より京都大学 霊長類研究所に異動、大型類人猿を含む霊長類群集と植生構造の比較研究を行う。

松田 一希 准教授

  • 中部大学 創発学術院 准教授

「コロンビア、マレーシア、ウガンダの熱帯林で野生霊長類の生態を探る研究をしている4人の子の父」とご本人談。
1978年生まれ。京都大学霊長類研究所 特定助教を経て現職。
日本霊長類学会高島賞、日本生態学会宮地賞などの受賞。「動物奇想天外」「ダーウィンが来た」「所さんの目がテン」「情熱大陸」など数々の人気TV番組の監修・出演で活躍!

イザベル・ラックマン 博士

  • NGO HUTAN代表
  • 霊長類学者

絶滅の危機に瀕しているボルネオ島のオランウータンの研究と保護を目的に、1998年にマレーシアのボルネオ島キナバタンガンにNGO HUTANを設立。オランウータンをはじめとする希少動物の保護や植林、教育啓発、自然環境調査を約50 名の現地雇用スタッフとともに組織的に展開している。

詳しくはこちらから。
https://www.mirai-process.org/2020forum/index.html

  • [日程] 2020/11/28 14:00 〜 15:00
  • [場所] オンライン
  • [募集人数] 1,000名
  • [参加費] 無料
SDGs MAGAZINE

WRITTEN BYSDGs MAGAZINE

カテゴリーの新着記事

新着記事

Page Top