“SDGs”と“企業”をもっと近づける!SDGs MAGAGINE

よしもと×SDGs MAGAZINE 公開番組収録イベントが開催!11月19日(金)20時OA

よしもと×SDGs MAGAZINE 公開番組収録イベントが開催!11月19日(金)20時OA

#RADIO

11月2日(火)によしもと芸人さんとSDGs MAGAZINEがコラボ企画して「よしもと×SDGs MAGAZINE 公開番組収録イベント」を実施しました。
収録の様子は11月19日(金)20時~21時にニッポン放送でオンエアいたします。
この記事ではその舞台裏を特別にお届けいたします。

舞台は池袋西口公園野外劇場グローバルシアター

池袋駅からすぐの、あの巨大な丸いグローバルリングの公園。風の気持ち良いアウトドアな会場でした。

MCは剛力彩芽さん、サブMCは次長課長・河本準一さん

収録イベントでは、メインMCの剛力彩芽さんに加え、サブMCに次長課長・河本準一さんが登場!笑いの絶えない学べるトークが炸裂…!撮れ高たっぷりなサステナブルな収録になりました。
さらにゲストとして相席スタート・ゆりやんレトリィバァさん・Everybodyさんなどを迎え「 SDGs を感じる瞬間」や「普段意識している身近なこと」などをテーマに SDGs 座談会を行いました。

(本番直前の剛力さん)

SDGs座談会「SDGsを感じる瞬間」

最初のテーマ「SDGsを感じる瞬間」では、Everybody・かわなみchoy?さんがSDGsの5番目の目標「ジェンダー平等を実現しよう」にかかわるエピソードとして「私、学生のころ、野球部だったんですけど、当時、野球は男子のスポーツというイメージだったんです。でも最近は女子野球も盛んなので、時代が変わったなと思います」と、スポーツを通したジェンダー意識の変化を感じたと話してくれました。

剛力さんから「私も余った食材を廃棄してしまう『食品ロス』をどのように防げるのかを考えるようになりました」と番組を通して関心を持ったSDGsを話すと、河本さんからも「コンビニやスーパーで賞味期限が切れたものは全部片づけてしまって、もちろん安全を考慮したことではあるけど、食品ロスとしてすごく問題になっている」と真面目に語ってくれました。

ここで、SDGsの目標12「つくる責任 つかう責任」をテーマにしたという新作をゆりやんレトリィバァさんが披露。
一体何を叫んでいるのか…!

SDGs 大喜利!?も開催!

剛力さんも参加し、よしもと芸人と一緒にSDGs大喜利を実施。
テーマには「新たに出来ることになったSDGsの18番目の目標とは?」と「豊島区に提言!これはやっちゃダメ『住み続けられないまちづくりを』とは?」の2つ。さて、どんな大喜利が行われたのか?

「大喜利は初めて!」と明かした剛力さんでしたが、最初のテーマである「新たに出来ることになったSDGsの18番目の目標とは?」に対し、「目があったらあいさつ」と回答。
「最近は隣近所でも挨拶が減りましたけど、やっぱりコミュニケーションは大切です」と改めて人と人の繋がりの重要さを語った。

中野先生と考える目標11「住み続けられる街づくり」

続いて、ニッポン放送が毎年取り組んでいるチャリティキャンペーン「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」にも尽力する、慶応義塾大学・中野泰志教授もゲストとして登場。
実際に全盲やロービジョン(弱視)を体感しつつ、バリアフリーやユニバーサルデザインを通して、豊島区をモデルにして SDGs のゴール 11 「住み続けられるまちづくり」について、よしもと芸人とともにイベント観覧のお客さまと学びました。

本番終わりに出演者のみなさんと

国内企業のSDGsの取り組み事例から、いま起きている世界のSDGsなトレンドまで。いち早くチェックできるのが「SDGs MAGAZINE」です。
初めての大規模イベントでしたが、よしもと芸人のみなさんとのコラボで私たちがミッションとする「SDGsを分かりやすく伝える」が体現できたイベントになりました。
この1年であらゆるメディアがSDGsの情報を発信するようになりました。
わたしたちもまずは「知ってもらう」ためのきっかけを作ってきましたが、笑いを交えた今回のコラボは、知るきっかけを超えて、誰かに伝えたくなる、記憶に残る、そんな時間になっています。ぜひ放送を楽しんでください。

SDGs MAGAZINE

WRITTEN BYSDGs MAGAZINE

カテゴリーの新着記事

新着記事

Page Top