“SDGs”と“企業”をもっと近づける!SDGs MAGAGINE

地球も自分もキレイに!ELLEクリーンビューティーアワード2021 Mattが語る「サステナブル」と「セルフラブ」

地球も自分もキレイに!ELLEクリーンビューティーアワード2021 Mattが語る「サステナブル」と「セルフラブ」

#EVENTS & SEMINARS

2021年が終わろうとする今、「サステナブルな〇〇」「SDGsの取り組み」というワードを聞かない日はないのではないでしょうか。エルクリーンビューティーアワードは、2021年、サステナブルで話題となったコスメを発表するアワードです。クリーンビューティという言葉がより浸透してきた近年、当たり前となりつつあるエコ包装やリユース可能なパッケージ。しかし、本当の意味での「クリーンである」とは、一体どういうことなのでしょうか?美容に詳しいモデル・タレントであるMattさんが語る、セルフラブと美容の関係とは?気になるビューティとサステナブルな変化について、美容の視点から見てみましょう。

ファッション雑誌『ELLE Japon(エル・ジャポン)』を始めとする「ELLE」グループは、あらゆる人をエンパワーし、より良い変化を共に創るスペシャルイベント 「ELLE ACTIVE! FESTIVAL 2021」を、2021年12月18日(土)14時からオンラインにて初開催しました。

今やどの業界でも、見過ごすことのできない「サステナブル」な取り組み。今回お伝えするクリーンビューティーとは、成分が安全で自然由来、また環境や社会に対してクリーンなコスメのこと。

具体的に、以下の4つのポイントを軸とするコスメブランドを指しています。

①人にやさしい
②地球環境への配慮
③透明性がある
④動物実験をしない

ヴィーガン処方やカーボンニュートラルといった点だけでなく、①や②にもあるように、使う人に優しく、地球や人をキレイに潤してくれる、そんな包括的で優しいイメージも受け取ることができます。また、洗顔&クレンジング部門、化粧水部門、乳液&クリーム部門、スペシャルケア部門、ポイントメイク部門、ベースメイク部門、ヘア部門、ボディケア部門、フレグランス部門の9部門で金賞を受賞したサステナブルなベストコスメも紹介しています。

今回受賞した製品には、それぞれコンセプトやストーリーがあります。ラグジュアリーブランドのCHANELでは、自社農園で生態系に配慮した工程での商品開発や、森林再生活動を行なっています。また、ヘアケアブランドのAVEDAでは、ビーガン処方に積極的に取り組んでおり、bareMineralsのコスメパッケージは、紙で作られ分別して捨てることが可能なものもあります。世界中で、環境や社会問題について取り組む企業が増えている中、美容業界でも、こうした大きな変化が起きています。

また、国内のエシカルブランドのSHIROも人気を集めています。自然の恵みを余すことなく活用した、サステナブル製法を採用。『SHIROルミネエスト新宿店』には、パッケージレスの製品を販売する『SHIRO SELF』が併設されています。幅広い層に愛されるブランドして、サステナブルであり続けることは、欠かせないものになっています。

今回のYoutubeライブは、スペシャルゲストとしてMattさんを迎えてのイベントとなりました。Mattさん自身、「持ち物が美しいことも大切だが、内側が美しいことがより大切」だと語っています。その内側を整えるツールが美容であり、1日の終わりにスチームを浴びて、瞑想の時間を過ごしているそうです。

そんなMattさんと、エル編集部の松井さん、MCの奥井さん、三人でのビューティートークの一部を、Q&A形式でご紹介します。

松井 落ち込んだ時に切り替える方法はお持ちだったりしますか?

Matt 僕はあんまり引きずらない、気にしないタイプです。ピンチのときこそ、チャンスだなと思える人。それが人間として一番成長できる瞬間かなと思います。逆に、褒められ続けたり、安定している時間の方が不安になる。なるべくチャレンジをたくさんして、ピンチのときを味わって、どんどん自分のレベル上げていく環境が好きです。常に何かに挑戦していたい精神です。

奥井 チャレンジしたいというマインドセットをどのように保っているんですか?

Matt 
自分のこの人生で何をしたいのか、ちゃんと目標やビジョンを立てて、行動すると自分も周りも幸せになっていくと思います。そこがセルフラブに繋がる。セルフラブ=周りが幸せになることだと思うので、僕は常に自分の目標やビジョンをメモしたりしています。ほんとうに小さなことでいいんです。常に思いついたら、メモをするということをやっていて、そこに近づくために、僕は口にするようにもしています。自分がその目標やビジョンと心から繋がって、コネクトしていくことが大事。

松井 清潔感を保つコツはありますか?

Matt 物は全部除菌しています!洗面所を綺麗にするところから自分の心も綺麗になる。自分が綺麗になる場所は綺麗でいないと!

松井 もう一つMattさんの綺麗なところといえば「心」だと思うのですが、心のケアはどうされていますか?

Matt 僕は好きなことを好きなだけやってきてしまった人生ですが、それって本当にセルフラブに繋がるなと思います。嫌なことを嫌と言えない人が結構多いなと思っていて、そこをNOと言える環境作りをしたいなと。自分の好きなことを表現して、お仕事につなげられたのは良かったなと思っています。

心でいうと「人を許してあげること」。無条件の愛を持ってあげることが大事だなと思います。こんなに大きな地球の、ほんの小さなところで争っているんだって考えると、すごくしょうもなく思えるので、もっと大きな広い心を持つことで、どれだけみんなが幸せになれるんだろうなと思います。

「外見も内面も美しくありたい」世の中の多くの人は、そう願っているのではないでしょうか。サステナブルであること、自分自身が幸せであり続けること、そのためにどんなものを選択し、どう生きるのか。自身のライフスタイルの中にたくさんのヒントが隠されているように思えます。まずはエコやビューティの観点から、義務感ではなく幸福ためにできることを、試していくのもいいのかもしれません。

その他、あらゆる人をエンパワーし、より良い変化を共に創る、SDGsをテーマにしたスペシャルイベント 「ELLE ACTIVE! FESTIVAL 2021」のアーカイブを見るにはこちらから
https://www.elle.com/jp/fashion/a38360017/elle-active-festival-2021-summary/

  • [日程]2021/12/18
  • [場所] オンライン
  • [参加費] 無料
SDGs MAGAZINE

WRITTEN BYSDGs MAGAZINE

カテゴリーの新着記事

新着記事

Page Top