“SDGs”と“企業”をもっと近づける!SDGs MAGAGINE

【中小企業だからこそのSDGs】豪華アンバサダー『GO!GO!GO!』でジャパーンを盛り上げる!

【中小企業だからこそのSDGs】豪華アンバサダー『GO!GO!GO!』でジャパーンを盛り上げる!

#SHOW CASE

今、日本の企業は99.7%が中小企業です。コロナ禍でさまざまな困難を乗り越え、そしてこれからを担っていく企業を応援すべく「中小企業のチカラ」に、新公式アンバサダーが加わりました。豪華新メンバーの言葉や熱い想いが発表され、これからの日本を盛り上げていくためには、どのような変化が必要とされているのでしょうか。

中小企業からニッポンを元気にプロジェクト

「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」第3期発表会が、2022年1月13日(木)KANDA SQUAREにて開催されました。2021年1月13日発足から丸1年が経ち、多くの企業と共に日本経済活動活性化に向けた活動が行われました。プロジェクトのビジョンとして、今回新たに「変わろう。変えよう。挑戦で。」を掲げ、ニューノーマルな社会に対応する新たなスタート切りました。

【新アンバサダー】郷ひろみ・永作博美・市原隼人・滝川クリステルが就任!

第1期公式アンバサダーには、ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが就任。第2期では、タレントのウエンツ瑛士さん、女優の前田敦子さんが就任。そして今回、第3期の公式アンバサダーには、歌手の郷ひろみさん、女優の永作博美さん、俳優の市原隼人さん、フリーアナウンサーの滝川クリステルさんという、豪華メンバーが一気に加わりました。

「GO!GO!GO!」の精神が日本を熱くする!

新公式アンバサダー全員から、プロジェクトに対する意気込みや抱負、そして参画企業の方のアンケートをもとに発表されたコメントをご紹介します。それぞれがSDGsにまつわるお話しをされています。郷ひろみさんは12番目の目標「つくる責任つかう責任」、永作博美さんは16番目の目標「平和と公正を全ての人に」、市原隼人さんは4番目の目標「質の高い教育をみんなに」、滝川クリステルさんは、8番目の目標「働きがいも経済成長も」そして、みなさん共に、17番目「パートナーシップで目標を達成しよう」を、このメントを通じて感じ取ることができます。

郷ひろみさん

大変な時代を、中小企業の方は過ごされているのではないかと思います。それは僕たちも一緒なのではないかと思うんですね。少しでもみなさんのお役に立てるように、元気づけられたらいいなと思います。今年でデビュー50年なりますが、「GO!GO!GO!」の精神を忘れずに、明るい気持ちを持ってみなさんと一緒に進んでいきたい、そしてサポートしていけたらと思っています。ファンクラブ50周年の記念品を作るときにも、梱包の桐箱が簡単に捨てられないように、ティッシュボックスとして使えるように作りました。何かを続けていくには、健康であったり、前向きに考えたりしていくことが大切。周りにいる人に感謝できること、手を差し伸べてくれる人がいることを忘れずに僕自身も責任を持ってやっていきたい。中小企業の方にもそんな思いをぜひ持ってほしい。必ず手を差し伸べてくれる人がいます。

永作博美さん

中小企業の皆さんのような、縁の下の力持ちの方々へパワーを送れること、そこに参加できることに対して、嬉しく思っております。郷ひろみさんの「GO!」は、言うだけで熱くなれて羨ましいですね。その精神に習って参加させていただきたいと思っています。今までなかなか触れることのなかったような、細部にたくさん触れさせていただいて、今から意識が変わってきているような気持ちになっています。進んでいるのに進めない、そんな時を過ごしながら、その反面ゆっくりとした時間が流れていて、その中で自分の大切にしているものってなんなんだろうって思うことが多かったんです。終わりのない時代をどう進んでいくか、自分を励ましながら、身近なものを愛おしく思い、丁寧に過ごしていきたいなと思っています。これからもみなさんを応援していきたいです。

市原隼人さん

大衆の時代から、個の時代に変わってきています。一人の努力や情熱・志で、グループや会社・国を大きく前進させられると思っています。ネットやSNSも発展し、多方面から教養を養うことができる中で、今こそ集大成をアウトプットする機会、存在意義を見出すことが求められています。さまざまな壁にぶち当たり葛藤も多いと思います。時代に作られるのではなく、時代を作っていく時。僕自身子供が大好きで、これからの国を作っていくのは子供たちであって、その子供たちがいろんな選択肢を拾っていけるような環境になっていったらと思います。何より大事なのは、やはり愛だと思うんです。人が作っている社会なので、愛があってほしい。皆様に期待して、精一杯応援しています。

滝川クリステルさん

コロナ禍で資金繰りなど大変な苦労をされている中、イノベーションを実現させてくれるという期待を持たれているのは、やはり中小企業だと思います。私たちも応援しながらパワーを集結し、新しいサービスやビジネスモデルを作っていく力の源となっていくようにサポートしていけたらと思っています。世代には幅がありますが、若いエネルギーがどんどん入ってきていると実感しております。私たちの力も加味していただいて、楽しく元気に羽ばたいていけるように、お力添えできればと思っています。「SDGs」という言葉だけで、形骸化することだけにはならないように、真剣に企業の側からもちゃんと取り組みを心の底からやってくださることで、私たちもそれについていくことができる。99.7%の企業の皆さんが動いてくだされば、同じような気持ちでついていくことができ、個人の力では足りないところを、みなさんが取り組んでくださることを期待しております。

新公式アンバサダーの言葉には、SDGsや周りの方への気持ち、そして社会に向けられた想いや熱意が込められています。みなさんは、これらのコメントを聞いて、何を感じましたか?きっと、それぞれに響くワードがあったかと思います。きっと、一人ひとりの考えや行動が大きなエネルギーとなり、これからの時代を形成していく、大切なステップになっていくのではないでしょうか。

SDGs MAGAZINE

WRITTEN BYSDGs MAGAZINE

カテゴリーの新着記事

新着記事

Page Top