“SDGs”と“企業”をもっと近づける!SDGs MAGAGINE

「プラスチック新法」施行。脱ワンウェイプラスチックを意識したクリエイターの取り組み

「プラスチック新法」施行。脱ワンウェイプラスチックを意識したクリエイターの取り組み

#SHOW CASE #TREND
  • つくる責任つかう責任
  • 海の豊かさを守ろう

世界的にも深刻で、メディアでもよく取り上げられているプラスチック問題。
日本ではごみの分別やリサイクルが主な取り組みです。 最近の取り組みにおける大きな変化ではレジ袋の有料化があります。しかしながら、レジ袋を有料化した今でも、エコバッグを持ち歩いている人はまだまだ少ない様に感じます。更に、残念な事に日本は使い捨ての容器包装廃棄量が、世界で2番目に多い事をご存知でしたか?
環境省プラスチック資源循環戦略参照

プラスチック製品は、その利便性から私たちの生活に欠かせないものとなっています。その中でも日本のプラスチック製品の生産第一位は、包装・容器等。次いで電子機器等です。
この事実を受け、世界的大手食品メーカー、ネスレ日本は、大人気商品である「キットカット」のプラスチック外包を紙パッケージに変えるなど迅速にプラスチックを削減する取り組みを実施しています。また、スターバックスでも同様に、プラスチック製ストローの廃止や、アイスドリンクのプラスチック容器を廃止するなど大胆な取り組みを実施してきています。
他にも多くの企業で、プラスチックゴミ削減に向けた技術開発が進み、私たちの生活から根本的にプラスチックゴミが減るよう企業努力を重ね、地球へと貢献してくれています。
世界的な企業がお手本になるような取り組みをすることで、その活動は注目され私たち個人にも意識改革をもたらすことになるでしょう。
食品産業新聞参照
一般社団法人産業環境管理協会 資源・リサイクル促進センター2017年調べ参照

4月1日施行「プラスチック資源循環の新法」

そしてついに、日本では4月1日よりプラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律「プラスチック新法」が施行されます。「プラスチック新法」または「プラスチック資源循環促進法」と呼ばれ、昨年6月に国会で可決され、今年4月から施行されます。プラスチックごみがもたらす環境負荷を減らすため、削減・リサイクルの推進を目的とする法律で、現在海洋ごみの50%を占めている、使い捨てプラスチック製品の排出量を減らすため、「プラスチック資源循環戦略」の重点戦略として発表された基本原則「3R+Renewable」も定めています。

3Rとは、
「Reduce 」ごみの発生を減らす。
「Reuse」繰り返し使う。
「Recycle」資源として再利用する。
最後に「Renewable」として、再生可能な資源に置き換える資源循環を指しています。
これらの目標達成を促進するため、コンビニや飲食店、宿泊施設などにはフォーク・スプーンやストローなどの特定プラスチック使用製品の廃棄物排出抑制を目指すことが義務化されます。
前年度提供した特定プラスチック使用製品が5トン以上の事業者が対象で、勧告・公表・命令に従わない事業者には50万円以下の罰金が科されることになっています。

そして私たちには、エコなプラスチック製品を選ぶ事、使い捨てプラスチックゴミを減らす事、ごみを分別し、リサイクルに協力する事。が求められることになります。
プラスチック資源循環 参照

サステナブルを促進する、オシャレなアイテム

ハンドメイドクラフト作品販売サイトの「creema」では、プラスチック資源循環促進法の施行に伴い「脱ワンウェイ(使い捨て)プラスチック」を意識したアイディア商品が続々と誕生しています。今回はその中でも注目の衣服用バッグ・カバーをご紹介します。
スーパーや、コンビニなどの買い物とは違い、衣服の持ち運びはかさ張ってしまいクリーニングの際はついつい特大のビニール袋に入れてもらうという方も多いのではないでしょうか。
実はこのクリーニングが意外とワンウェイプラスチックの落とし穴。使い捨てのハンガーや、ビニールのカバー、そしてビニール袋と多くのプラスチック製品が用いられているのです。
そこに目を付けたクリエイターたちが「服を快適に持ち運べ、適切に保管でき、服にも優しい環境を」という視点で開発した衣服持ち運び用のバッグが話題となっています。

クリエイター THREE PACKS
洋服専用のエコバッグ

クリエイター SILVER
CLIFF
 ワイシャツ4枚を持ち運べる!帆布ミリタリースタイルのガーメントバッグ

クリエイター wafu
ずっとつかえる リネン 洋服カバー

お気に入りの服を長く、大切に使いたいというニーズに答えた今回の商品たち。
クリエイターひとりひとりのこだわりがあり、見た目や生地などオリジナリティがあり、どれも魅力的な商品になっていますね。部屋にも馴染みそうで、生活感が出ないのも嬉しいポイントです。おしゃれがプラスされたワンランク上のエコバッグで地球のことを考えた生活を取り入れてみませんか。

WRITTEN BYSDGs MAGAZINE

カテゴリーの新着記事

新着記事

Page Top