“SDGs”と“企業”をもっと近づける!SGDs MAGAGINE

【告知】剛力彩芽と学ぶラジオ番組「SDGsマガジン」が7月23日(金)19時40分からOA

【告知】剛力彩芽と学ぶラジオ番組「SDGsマガジン」が7月23日(金)19時40分からOA

#RADIO

ニッポン放送にて放送している剛力彩芽と学ぶ「SDGsマガジン」!
第16回目の放送が、7月23日(金)19時40分からオンエアされます。

今回取り上げるテーマは『ESG投資』

ESGという言葉を聞いたことはありますか?
ESGとは、環境(Environment)・社会(Social)・ガバナンス(Governance)の頭文字を取った言葉で、ESG投資とはこの3つの観点から長期的な事業機会や事業リスクを把握し、投資活動を行うことです。

たとえば
環境であれば、CO2排出量削減、エネルギー効率、プラスチック・環境汚染防止。
社会であれば、労働・製品安全、働きやすい環境、人権、ダイバーシティ。
ガバナンスであれば、取締役会の構成、政策保有株式、役員報酬、実効性などなど。

SDGsの目標5「ジェンダー平等を実現しよう」の取り組みに力を入れている企業に投資し、より良い企業活動を実施していってもらう。なんてことも考えられます。

日本のESG投資額は世界3位

SDGs MAGAZINEを見てくださっている読者の方はご存じかもしれませんが、今年の6月、持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)と独ベルテルスマン財団が発表した「Sustainable Development Report 2021」では、日本のSDGs達成度ランキングは2年連続で後退し、18位となってしまいました。
2021年のSDGs達成度ランキング、日本は世界18位。2年連続後退。 より)

ところが、ESG投資という観点で日本は、米国、欧州についで、3番目に多い投資額となっています。

今回、そんなESG投資について、初めて取り上げることになりました。ゲストには、準レギュラーになりつつある蟹江憲史先生に加え、『三菱UFJ信託銀行』アセットマネジメント事業部  責任投資ヘッド加藤正裕(まさひろ)さんをお迎えして、お話を伺っていきます。
“分かりやすく”お伝えしていくので、この機会にお金の観点からもSDGsを学んでみてください。

三菱UFJ信託銀行 加藤正裕さん プロフィール

慶應義塾大学経済学部卒業後、三菱UFJ信託銀行入社。米国三菱UFJ信託銀行含め、国内外の運用関連部署でアナリスト、ファンドマネージャー業務を担当。
2005年から責任投資に従事。国連「責任投資原則」日本ネットワーク共同議長として責任投資の普及・推進に尽力、個人および年金向け責任投資プロダクトの開発、国内外株の議決権行使・エンゲージメント実務にも携わり、近年はグローバルなESG・機関投資家の動向調査等をロンドンで担当。2019年より現職。

放送はradikoからお楽しみいただけます!

カテゴリーの新着記事

新着記事

Page Top