“SDGs”と“企業”をもっと近づける!SGDs MAGAGINE

使用済みジップロック®がリサイクル傘に!? 傘シェアリングサービスが9月16日から西武鉄道池袋線26駅他でスタート

使用済みジップロック®がリサイクル傘に!? 傘シェアリングサービスが9月16日から西武鉄道池袋線26駅他でスタート

#SERVICE
  • つくる責任つかう責任
  • 海の豊かさを守ろう

1人あたりの使い捨てプラスチックごみの廃棄量、日本は世界で何位かご存知でしょうか?
実はアメリカに次いで世界第2位なのです。

このプラスチックごみ廃棄量の一つとして、安易に捨てられるビニール傘の廃棄が挙げられます。ビニール傘1本あたりに使用されるプラスチック量はストローの約400倍に相当し、現在、日本では年間約8,000万本※ものビニール傘が消費され、廃棄された傘は環境にも大きな影響を及ぼしています。
※出典:環境へ与える傘の廃棄問題 Environmental issue of Umbrella(サレジオ工業高等専門学校 デザイン学科 価値創造研究室)

こうした使い捨てビニール傘の廃棄問題に着目し、プラスチック製ジッパーバッグの「ジップロック®」をリサイクルした傘のシェアリングサービスが登場します。

これは、ジップロック®を展開する旭化成ホームプロダクツを中心とした4者協働のプロジェクト「Ziploc RECYCLE PROGRAM」として7月下旬にスタート。

一般家庭から使用済みジップロック®の回収とリサイクルをテラサイクルジャパンが行い、このジップロック®をリサイクルした傘のデザイン監修をビームスのアップサイクルブランド・BEAMS COUTUREが担当。

そして、Nature Innovation Groupの傘シェアリングサービス「アイカサ」で運用するものです。

食品の保存や整理収納用のジッパーバッグとしておなじみのジップロック®を、BEAMS COUTUREのクリエイティブ力で、年齢・性別・TPOを問わないユニバーサルでファッショナブルな傘にデザイン。

このジップロック®傘は9月16日から、西武鉄道池袋線の池袋~飯能駅までの26駅と一部の首都圏のスポットに設置されます。急な雨でもすぐにレンタルができ、好きな場所で返せる便利なサービスです。
(レンタル利用料金:24時間で70円)

今後もテラサイクルのHP(https://www.terracycle.com/ja-JP/brigades/ziploc)で使用済みジップロック®の一般回収を継続し、全国主要都市での傘シェアリングサービス活用を目指すとのこと。

ジップロック®を回収することでプラスチック素材のリサイクル、その傘を「アイカサ」を通して何度もシェアすることでリユース、結果として使い捨て傘が減りリデュースに繋がるという、アイデアとデザインのチカラで廃プラスチック問題の解決に挑む本プロジェクトに注目です。

■『Ziploc RECYCLE PROGRAM』関連サイト

◎「ジップロック®」https://www.asahi-kasei.co.jp/saran/products/ziploc/
◎「テラサイクル」https://www.terracycle.com/ja-JP/brigades/ziploc
◎「アイカサ」https://www.i-kasa.com/
◎「BEAMS COUTURE」http://www.beams.co.jp/special/beamscouture/

SDGs MAGAZINE

WRITTEN BYSDGs MAGAZINE

カテゴリーの新着記事

新着記事

Page Top