“SDGs”と“企業”をもっと近づける!SGDs MAGAGINE

【告知】「防災の日」に備蓄を見直そう!エキュート日暮里「もしものイイもの」キャンペーン開催

【告知】「防災の日」に備蓄を見直そう!エキュート日暮里「もしものイイもの」キャンペーン開催

#EVENTS & SEMINARS
  • 住み続けられるまちづくりを
  • 気候変動に具体的な対策を

9月1日は「防災の日」。日本は、世界的に自然災害の多い国と言われています。
今年は福島県沖地震や集中豪雨などが発生しており、これまでにも地震や台風、津波、火山噴火、大雨など多くの自然災害に見舞われてきました。

SDGs目標11「住み続けられるまちづくりを」のターゲットでは、11.5「自然災害による人や経済の損失を、できるだけ小さく」、11.b「あらゆるレベルで、総合的な災害リスク管理を実施しよう」で、まちづくりにおける災害に関する目標とその実現方法が示されています。
さらに、SDGs目標13「気候変動に具体的な対策を」のターゲット13.01では「自然災害に対する対応力と回復力を高めよう」において、気候変動に関する自然災害に備えるための目標が掲げられています。災害の多い国である日本で安心して生活を続けていくためには、日頃の防災対策が必要です。
本格的な防災グッズを一度に揃えることは難しくても、防災対策は身近なところから始めることが出来ます。

JR東日本クロスステーション デベロップメントカンパニーが運営するエキナカ商業施設「エキュート日暮里」では、「防災の日」をきっかけに防災意識を高めてほしいという思いから、9月1日(水)から9月12日(日)まで「もしものイイもの」キャンペーンが開催されます。

「もしものイイもの」キャンペーンは、日持ちするスイーツやレトルト食品、雑貨を展開し、日常的にも食べられて使用できて、非常時の備えにもなるアイテムを提案。今回はそのなかから、普段から食べている常温で比較的長期保存できる食品を多めに買っておき、食べた分を補充する「ローリングストック」におすすめの食品を3つ紹介します。

1.すしべん「サバスチャンセット」4缶2,700円(税込)

ガーリック、バジル、トマト、カリーの4つの味がセットになった、ソースと味わう新感覚のサバ缶。アレンジしてもそのままでも美味しく食べられます。

2.羽二重団子「練りようかん」10個入1,296円(税込)

北海道産小豆を使用した練りようかん。製造から5年も日持ちする上、手を汚さず食べやすい個包装のパッケージ。普段のおやつにはもちろん手軽にカロリー摂取が必要な緊急時にも安心。

3. 千駄木腰塚「千駄木腰塚 特選ビーフカレー」580円(税込)

国産牛スネ肉を中心に牛肉の旨味とコクを凝縮。災害時にも老舗こだわりのカレーが味わえます。

非常時ほど、食べ慣れているものや使い慣れているもの、ちょっと良いものがあると、きっと安心にも繋がります。
みなさんも「防災の日」をきっかけに、身近なことから災害備蓄を始めてみてはいかがでしょうか。


「もしものイイもの」キャンペーン

  • [日程] 2021/9/1 〜 9/12
  • [場所] エキュート日暮里

カテゴリーの新着記事

新着記事

Page Top